作業実績

HOME > 作業実績:レーシングメンテナンス・修理・アライメント関係 > 2016/11/28鈴鹿サーキットベスト更新

2016/11/28鈴鹿サーキットベスト更新

またもや鈴鹿へ、かっこよく言えばテスト走行、
普通に言えば遊びに来ました。

今回はJHKアコードとお客様の水色のS2000の二台です。


ホイールとボディを同色塗装し飛び石が酷かった黒のボディから一新しました。

来店されるお客様からは、違う車だと思われている様で
「デモカーですよ」と言うと皆さん驚かれています。

前回の走行時は車高を写真の状態(今回)より6ミリダウン。
空力抜群でしたが、ジオメトリー上、ロール量に問題が出てきたので、3ミリUP。
それでもアンダーパネルの角がロール時に擦れる為、

苦肉の策で3mmUPしました。

3ミリ単位なのはCL7のレバー比上1ターンUPで3ミリになるからです。

後ろから見た時に、地面と車体の間に景色が見える事が個人的には嫌いで、見た目的には下げたい気持ちは山々です。

前々回の走行時は画像よ3mm車高が高い状況でしたが、

ここを分岐にフロントダウンフォースに違いが生まれる為、
今後もこの車高を基準に考えていく事になりそうです。

やっと基準が出来たという事に安堵すら覚えます。

1本目はS2000のお客様を後ろから撮影しドライビングの問題点のあぶり出し、

2本目はついてこい!!って流れにする為、先頭を切って走りました。
(偉そうな事言う様なテクは自分にはありませんが・・・)


結果的にはS2000は2分35秒で周回。
ほぼノーマル状態で吊るしのZEALダンパーで良くやったと思います。
去年のドノーマルだった頃が懐かしい。

車の動きをよく分析して、効率良く乗るその姿は非常に見てて気持ちいい物があります。

ただ、エアクリダクトに洗濯機の排水ホースは頂けない。笑

2本目アタック、そして問題が、、、、


180KMからフロントから振動が出るなー、と思っていたらアンダーパネルが200KM出たあたりで地面に落ちました。

軽量化と頑丈さとダウンフォースのバランスがミスったって事でしょう。。。泣

長いは偉い!じゃなく、長いは気を付けないと割れる!です。


次の枠までの1時間。

無限リップもろとも割れた特製アンダーパネルは、瞬間接着剤やら、その辺にあった謎のバーやら、ありとあらゆる部材で無理やり固定。そして完成・・・?
それがブログTOPの画像です。


1時間で2人掛かりでギリギリ走れる状態まで戻った事に感動してたら次の枠でした。

そして、今気づいたんですが牽引フックを出し忘れていました・・・

3枠目のS2000はセットに変更無し。

今履いてる16インチの純正ホイールのZ2を無く慣らしに3枠目へ。

俺のコーナーリングを見ろコーナー!(1コーナー)に向けてS2000にスリップストリームで抜かす瞬間です。

結果的に大幅タイム更新。

前回のセットとの変更点は

1.トランクインステースタイルGTウイング
2.車高UPでロール時の地面との摩擦減
3.アライメント変更
4.アンダーパネルのエア抜き部分の適正化
5.センターパネルの追加

タイムはアコードでは信じがたい
2分26秒37

車載映像
https://www.youtube.com/watch?v=ctFi8TNj_m0

今は満足です。

カッコいい車を激写。

削除依頼はメール下さい。

前のページに戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ

【必読!!!】

商品ご購入の際、
お急ぎのお客様は必ず在庫確認を事前にお願いいたします!!!

パーツ販売

パーツ検索

パーツについて

  • カートの中身を見る
  • ご購入について

在庫車一覧

店舗案内

〒612-8473
京都府京都市伏見区下鳥羽広長町174-102
TEL 075-644-7296
FAX 075-644-7296

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

営業日

定休日

気軽にご相談いただけるそんなお店が「Jtcc Honda Kyoto」です。Jtcc Honda Kyoto