作業実績

HOME > 作業実績:レーシングメンテナンス・修理・アライメント関係 > 2017/7/22 CL7ユーロR定番、KB1レジェンドキャリパ−流用キット

2017/7/22 CL7ユーロR定番、KB1レジェンドキャリパ−流用キット

もはやブレーキ強化の定番となってきました、KB1キャリパー流用ブレーキ強化セット。
元々、1800kg近い車重のレジェンドを高速域からでも確実に停止させるために設計されているだけあって、キャリパーの剛性感、タッチ、コントロール性等、かなりの次元で完成されています。
しかも比較的低価格(キャリパーのみ新品左右で10万以下)で購入できるのもメーカー純正ならではのありがたい設定です。
今回はCL7に中古をオーバーホールしたキャリパーをベースに取り付けしました。(中古KB1キャリパーセット40000円)鈴鹿よりお越しのT様です。いつもお世話様です。
取り付けそのものはメカに詳しい人ならご自分でもできるとは思いますが、より高い精度での組み込みを求められる場合は是非お任せください。取り付け前のさび落とし等ちょっとしたこだわりで寿命や摩耗の促進具合を穏やかにするこもできるんです。
今回パッドの選択はCC40。 KB1キャリパーはパッドの選択肢が少ないと噂が流れていますが、すくなくても15種類以上、しかもエンドレスのみでこの数ですから他社メーカーも含めると30種類近くはある計算になります。ありすぎて好みのパッドコンパウンドに巡り合うのが大変だとのお話もありますので、ご自身のブレーキングの癖、効き具合、車速等を考慮に入れて最適なものを提供させていただきます。
KB1キャリパーを入れた直後の感想は、ほぼ全員の方が、『ズドン』⇦擬音デス
という止まり方、地面にめり込むような止まり方をするといわれる
程ガッチリとしたストッピングパワーを発揮してくれます。
変換ブラケットには超ジュラルミンA7000番台(航空機用アルミ合金)を採用していることもブラケット剛性を上げている要因のひとつですが、それらを受け止めるパッド、ブレーキホース、ブレーキフルードと総合的に設計することによって、感動的なブレーキフィールが誕生します。
 
ポルシェの名言、「パワー<ブレーキ」という図式が日本車には定着しておらず、日本人の考え方もエンジンパワー命!という考えが先行してしまいがちです。今一度自身のブレーキの在り方を考えてみるのも面白いかもしれません。速く走れる秘訣はここにあり!
なおKB1キャリパー流用ブレーキ強化セットにはオプションが多くあります。
ローターの仕様
(320mmスリットなし 320mm6スリットor12スリット)
(320mmスリットなし熱処理済 320mm熱処理済6スリットor12スリット)
パッド材質 (エンドレス製、15種類以上)
キャリパー本体色(中古オーバーホール時は通常シルバー)
別途塗装もできます。金額が変わります。
リアはUC1キャリパーを流用することにより280mmローターを使用(パッドはサイズは同じ)することにより、さらに制動力を増すことができます。CL1 CL7に対応。もちろんローターオプションもフロント同様にあります。

前のページに戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ

【必読!!!】

商品ご購入の際、
お急ぎのお客様は必ず在庫確認を事前にお願いいたします!!!

パーツ販売

パーツ検索

パーツについて

  • カートの中身を見る
  • ご購入について

在庫車一覧

店舗案内

〒612-8473
京都府京都市伏見区下鳥羽広長町174-102
TEL 075-644-7296
FAX 075-644-7296

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

営業日

定休日

気軽にご相談いただけるそんなお店が「Jtcc Honda Kyoto」です。Jtcc Honda Kyoto