作業実績

HOME > 作業実績:レーシングメンテナンス・修理・アライメント関係 > 2017/10/5 DC2 JTCCダンパー取り付け

2017/10/5 DC2 JTCCダンパー取り付け

DC2 インテR Jtccダンパー LV2取り付け+ナックル曲げ加工等
いつもお世話になっています、T様のDC2インテグラに、Jtccダンパーの取り付け及びナックル曲げ+アライメントを施工させて頂きました。ありがとうございます!!


よく質問を受けるのですが、LV2とLV3の違いですが、ダンパーの減衰特性や、ケース長、ロッドストローク等は全く同様に設計しています。違いはサブスプリングの有無で、構造上ケース長が短く2つのスプリングが入りきらない車種等は基本的にLV2の設定のみにしています。

EG、EK系シャーシの場合はケース長がとりにくいため、LV3を標準設定していませんが、ロッド長を変更してLV3にすることも勿論可能です。どちらかというと車高とリバウンドを稼ぐため、ラリー等の使用にされない以外はあまり需要はないのですが…

しかし2つのスプリングを使うことにより、独特の細やかな動きを作り出すことができる為、設定のある車種では装着される方が面白いかもしれません。特にアコード系は何でもできる後ろ足ですので、個性のある動きを作り出すことが無限大です!

LV2⇔LV3は初期設定のスプリングの有無
LV4はLV2∔増量タンク設置=AP1 AP2 BB6必須事項。動きが別次元
LV5、LV6はLV4+減衰調整機構が付いた物。

2WAY
がおおまかな分類です。すべてのJtccダンパーに各パーツの互換性があるので、オーバーホール時に追加で設定を変更もできます。
今回のDC2インテ用は鈴鹿〜街乗りまでこなせるように独特のスプリングレートを選択しました。鈴鹿専用(人間の好みもあります)になるのであれば、もう少し硬くしてもよいのですが、やはりある一定のバネレートを超えるとリアの追従性も悪くなるのでバランスが重要なところです。

車重、ダウンフォース、タイヤグリップバランス、乗り方、好み、によって数百通りの組み合わせがあるので、毎回ダンパーを取り付けさせていただいた時は入念に打ち合わせ、調整を繰り返して納品させていただいています。 
アライメントもフロントはキャンバー角5度18分!
漢のコーナリングマシンとなるべく躊躇はされないとのことです(笑) 
勿論ナックル曲げ加工により精密に5度18分+-6分以内の誤差で左右を仕上げています。このナックル曲げの作業時間のみで4時間は最低要します。妥協をすればこの三分の一程度の時間でできますが、『足回りのJHK』の名を汚さないためにも一切の手抜きはしません。拘って設定した足回りとアライメントが組み合わさった時、人と車は人車一体となる!  自分の手足のように操れる車は本当に楽しいものです。足回りをいじる時は是非拘ってみてください。

前のページに戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ

【必読!!!】

商品ご購入の際、
お急ぎのお客様は必ず在庫確認を事前にお願いいたします!!!

パーツ販売

パーツ検索

パーツについて

  • カートの中身を見る
  • ご購入について

在庫車一覧

店舗案内

〒612-8473
京都府京都市伏見区下鳥羽広長町174-102
TEL 075-644-7296
FAX 075-644-7296

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

営業日

定休日

気軽にご相談いただけるそんなお店が「Jtcc Honda Kyoto」です。Jtcc Honda Kyoto