作業実績

HOME > 作業実績:内装・外装・空力関係 > 2019/02/28 CL7後期 空力制作(フロントスポイラー、アンダーパネルワンオフ製作

2019/02/28 CL7後期 空力制作(フロントスポイラー、アンダーパネルワンオフ製作

国内最軽量! Accord CL7 ドライカーボンボンネット取り付け!
TYPE2フロントスポイラー+ディフェーザー製作!
アップグレード後の鈴鹿シェイクダウン同行セッティング!
いつもお世話になっております、M様CL7後期号の外装関係のアップグレードを行いました。

フロントはアコード特有のヘビーウェイト軽減の為カーボン製に交換するだけで効果が表れます。


僅か4.2kg(ボンネットピン含む)という最軽量だけでなく適度な柔軟性と、職人によるオールハンドメイドですので魂の入り方も違いますし

純国産という響きは誇りです。


海外製品で他にも軽量品があるという噂も聞きますが製品クオリティ、送料含めた金額を考慮すると間違いなく費用対効果は日本一です。

純正ボンネット14kg→4kgですので-10kg。これはかなりハンドリングに影響をもたらしますが、加減速にも有利に働きます。


ベース車重実測1400kgのCL7の泣き所である重量を削ることはもはや宿命でもありますから今後も材料置換の手法は続けていきます。


そしてCL7後期用のスポイラー+ディフェーザーの製作です。
自動車を速く走らせる上で空気【ドラッグとダウンフォース】とは密接な関係があります。

ディフェーザーやウイングを含め、色々テストしていきますと効果が最も現れる形状や角度が出てきますが、CL7のボディデザインにマッチングできる形状となるとなかなかデザインは難しいものがあります。

アコードらしさ、ノーマル風に純正色に塗装

タイムアタック号の様に形状や大きさに制限がなければ自由度が効きますが、普段の使用にも支障が出さずに効果をだせるとなると今回のような形状にまとまりました。
勿論、人がぶら下がってもびくともしない堅牢な骨格は入ってますので安心の設計です。
ディフェーザも含めて自動車は車体下面の空気の流れを効率よく制御することで体感以上に乗りやすく、安心感と結果をもたらします。


これはサーキットのみならず一般道や高速の荒天時等でもタイヤの接地感の減少も抑えられて、速度域が上がるほど安定感が増すと、弊社製作車両を使用していただいてる方のご意見もいただいています。


ダンパー(足回りのセッティング)と空力の両方を適確にセットできているからこその結果でもあり、速さと快適さの両立ができていると確信しております。

世界一美しい後期CL7アコードです。

前のページに戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ

【必読!!!】

商品ご購入の際、
お急ぎのお客様は必ず在庫確認を事前にお願いいたします!!!

パーツ販売

パーツ検索

パーツについて

  • カートの中身を見る
  • ご購入について

在庫車一覧

店舗案内

〒612-8473
京都府京都市伏見区下鳥羽広長町174-102
TEL 075-644-7296
FAX 075-644-7296

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

営業日

定休日

気軽にご相談いただけるそんなお店が「Jtcc Honda Kyoto」です。Jtcc Honda Kyoto